肌の保湿の仕方で効果が変わる!おすすめの化粧水やクリームは?

肌の保湿の仕方でも保湿効果は変わりますが、使う化粧水やクリームでも保湿効果が違って来ます。効果的な肌の保湿の仕方と角質層まで浸透する化粧水、クリームで肌の保湿力をUPしいつまでも若々しい肌を作ってみませんか?

乾燥対策は肌にマスクをすると効果あり?スプレーで保湿出来る?

肌の乾燥対策にマスクって効果があるのでしょうか?また化粧水などのスプレーも良く乾燥対策に使われていますが、どの位の保湿効果があるのでしょう。

 

今回は肌の乾燥対策に良く使われるマスクとスプレーに保湿効果があるのかどうかをお届けします。

 

Sponsored Link  

乾燥対策は肌にマスクをすると効果があるの?

f:id:keisan21:20170307140020j:plain

何かと便利なマスク。冬だけでなく春も花粉症対策として使いますよね。夏以外は結構つけている人も多いのでは無いでしょうか。

 

このマスク、保湿効果があると言われていますが本当なのでしょうか??答えは本当です。保湿効果はありますが、同時に気を付けないといけないこともあります。

 

上手に利用して、しっかり乾燥対策と保湿が出来るといいですよね!

 

ではこのマスクを使った乾燥対策のポイントと注意点をお届けします。

 

マスクを使った乾燥対策のポイント

まずマスクで乾燥対策をする際には、リップなどを塗り、マスクで隠れる部分で乾燥が気になる箇所があればしっかり乳液で保湿してください。保湿効果がUPします。

マスクを使った乾燥対策の注意点

マスクを使った乾燥対策で注意しなければならないのは、マスク内がかなりの高温多湿になる為、雑菌が繁殖しやすくなり、ニキビなどが出来る可能性が高まります。

 

その為、適度にマスクを外し換気してマスクは毎日新しいものを使いましょう。そして耳の部分などが痛いなど、マスクが合わないとストレスを感じてしまうため、自分に合ったストレスの無いマスクをつけてください。

 

中にはマスクが肌とこすれる事で、炎症を起こしたりマスクの質感があわずに肌刺激になってしまう人もいます。そんな場合は無理してつけないか、肌に当たる部分がガーゼタイプのものなどもありますので、試してみてください。

 

またマスクと肌が常時こすれ合うと、摩擦で色素沈着しますので、マスクではそこまでにはならないと思いますが、環境などでかなりマスクと肌が擦れる場合は、肌に色素沈着が起こっていないか、チェックしてください。

 

知らない間にシミの様になっていたら嫌ですもんね。では次はスプレーに乾燥対策効果があるかどうかです。

 

Sponsored Link  

乾燥対策は肌にスプレーをかけると効果があるの?

マスクと並んでもう1つ、乾燥対策で良く言われるアイテムがスプレーです。使っている人も多いのでは無いでしょうか??

 

でもスプレーした後、水分が肌に直ぐ吸収されていますか?スプレーは基本肌の表面だけに残り、肌には水分が浸透しないのです。

 

その上、肌の表面にある水分が乾燥する時に、肌の内側の水分を一緒に奪って行き逆にスプレーを使う事で、肌の水分が奪われて行くのです。

 

その為、スプレーをすればする程、肌は逆に乾燥して行くハメになってしまうのがスプレーの恐い所。

 

これを回避する為には、スプレーをして表面だけ潤い馴染んだかなと思ったら、ティッシュなどでまだ残っている肌の水分を吸い取り、その上から乾燥が酷いかなと思う部分に乳液を薄く伸ばしてください。

 

薄くで大丈夫なので、家にある様な大きな容器のものでなく、トラベルセットやおためし、試供品で貰ったものでOKです。

 

またスプレーを辞めて、乳液だけつけると言う手もアリです。スプレーは乾燥対策に効果的の様に感じますが、実は逆効果だったのです。

 

オフィスなどは夏でもエアコンが掛かり、乾燥する時があります。春も暖かくて忘れがちですが、かなり乾燥しているのです。

 

これからの時期でも肌の保湿の為、乾燥対策はした方が良いので、マスクとスプレーの効果を知って上手く利用してくださいね