肌の保湿の仕方で効果が変わる!おすすめの化粧水やクリームは?

肌の保湿の仕方でも保湿効果は変わりますが、使う化粧水やクリームでも保湿効果が違って来ます。効果的な肌の保湿の仕方と角質層まで浸透する化粧水、クリームで肌の保湿力をUPしいつまでも若々しい肌を作ってみませんか?

顔の保湿方法は簡単!化粧水の保湿力と成分が重要おすすめの選び方は?

顔の保湿って意外に出来ているようで出来ていないのが現実です。スキンケアコーナーやカウンターで顔の水分量を計って貰ったら、かなり乾燥していて、えー!?と思った事は無いでしょうか?

 

でも顔の保湿方法は簡単で、ちゃんと角質層に染み込んで保湿してくれる化粧水を選ぶだけで全く顔の保湿力が変わって来ます。

 

しかし化粧水選びと言っても何でも良いわけでなく、自分の顔の保湿状態で、化粧水の成分なども変わって来ます。今回はしっかり顔を保湿する化粧水のおすすめの選び方をお伝えします

Sponsored Link  

顔の保湿方法は簡単 正しいスキンケアと肌質や状態にあった化粧水を選ぶだけ

f:id:keisan21:20170305104026p:plain

顔の保湿方法は本当に簡単で、角質層までしっかり潤う化粧水を選ぶだけで本当に肌の水分量や油分が変わって来、保湿される事で柔らかい肌になったり、顔がむくみにくくなったり、透明感が増したりと色々な効果をもたらしてくれるのです。

 

でもその前に正しいスキンケアをしている事が重要ですが、正しいスキンケアって、

1,正しい洗顔方法で洗っている
2,正しい保湿方法で保湿が出来ている

の2点なのですが、このたった2つの方法がきちんと出来ていますか??1つずつ見ていきますね。

 

顔の保湿方法 正しい洗顔方法って?

顔をしっかり保湿して行く上でまず必要なのが、正しい洗顔が出来ているかどうか?と言う事。正しい洗顔方法は

1,朝、夜の2回の洗顔が基本
2,夜の洗顔方法は、お風呂に入り出る前に洗顔する事
3,夜の洗顔時にメイクをしている時は、クレンジングでメイクを落としてから洗顔
4,洗顔は必ず泡で優しく洗い、顔を拭く時はタオルでこすらず押し当てて水分吸収
5,洗顔後、3分以内に化粧水で保湿

 

の5つが正しい洗顔方法になりますが、この5つの洗顔方法全部出来ている!って人はどの位いるでしょうか??

 

結構お風呂から出る前では無く、湯船に浸かる前に洗顔し「あ~今日も疲れた!お風呂気持ちいい!」と長湯したり、顔を拭く時も無意識にゴシゴシ拭いたり、お風呂から出て直ぐに化粧水で保湿しないで、まずは何か飲もうか?等3分以上経ってから保湿していませんか??

 

これを全部守らないと、いくら化粧水で保湿しても保湿効果が無い訳ではありませんが、どうせ保湿するなら最大限の効果を発揮して、顔の保湿をしたいですよね☆

 

正しいスキンケアの洗顔方法は、また次回に詳しく書きますね。 

顔を保湿するおすすめの化粧水の正しい選び方って?

顔をしっかり保湿する化粧水の選び方は、今の自分の顔の保湿状態で足りない成分が入っている化粧水を選んで、水分プラス足りない成分を補う事が出来る化粧水を使う事がポイントになります。

 

化粧水って水分を補給する他に、含まれている成分が角質層へしっかり届いて、角質層が元気にならないと、肌の内側からの保湿が出来ないんです。

 

表面だけ潤っても、それは乾燥してしまえば終わり。でも肌の内側からしっかり保湿が出来ていれば、肌の表面が乾いても肌に弾力と水分がしっかり詰まった状態なので、簡単には乾燥しなくなります。

 

ただ化粧水だけだと、角質層へ届く成分が余り入っていない為、化粧水と美容液の併用か化粧水と美容液が一体になったものを使う方が保湿効果がUPします。

 

では足りない成分はどう言うものかと言うと

たるみが気になる時の化粧水の成分

たるみが気になる時に使う化粧水は、たるみ自体が年齢と乾燥によるものの為、しっかり保湿出来る成分が入っているものになります。

 

しっかり保湿出来る成分はヒアルロン酸。このヒアルロン酸は入っている化粧水を選んでください。

 

また肌にハリを与えたるみに効果がある成分はアルジルリンと言う成分が効果的。自分のたるみが年齢から来ているものなのか、ただ乾燥から来ているものなのか?毛穴の形が楕円形なら年齢から来るたるみになりますので、チェックしてみてね。

Sponsored Link  

乾燥が気になる時の化粧水の成分 

乾燥が気になる時の化粧水は、角質層に水分が余り無い状態な上、細胞がとうもろこしの様にしっかり並んでおらず、ぐちゃぐちゃな状態なので、角質層が潤う化粧水の成分がおすすめです。

 

角質層が潤う成分は、セラミド(バイオセラミド)配合美容液、ライスパワーNo.11エキス、ユーカリ抽出液など、角質層の成分であるセラミドがメインのものを選んでください。

 

またセラミドを増やす成分は、スフィンゴ脂質、ステアリン酸コレステロール、水素添加大豆レシチンリピジュア®、水分を増やす成分はヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲン等なので、これらが入っている化粧水も効果があります。

毛穴が気になる時の化粧水の成分

 毛穴が気になる時は、保湿不足から肌の油分バランスが崩れているので、肌の酸化や雑菌の増殖を防ぎ、皮脂分泌量をコントロールし肌の水分量と皮脂量のバランスを整える成分が効果的です。

 

アルファヒドロキシ酸(AHA)やパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ビタミンB群、ビタミンA、レチノール配合など、古い角質を取り除いて雑菌を防ぐ効果のあるものがおすすめ。それに保湿成分もプラスすると◎

 

この様に化粧水は、今の自分の肌に足りない成分を補い角質層へしっかり水分と足りない栄養を補給させるものを選んでください。

 

また化粧水だけでは、配合されている成分が少ないものが多い為、美容液を一緒に使うことで、角質層が元気になり保湿力は数段アップします。

顔の保湿方法は簡単!化粧水の保湿力と成分が重要おすすめの選び方は?のまとめ

化粧水選びのおすすめポイントは、自分の肌に足りない成分配合のものを選んで、角質層まで保湿させる事。これをするだけなので顔の保湿は簡単です。これに自分に足りない成分を含んだ美容液をプラスすれば、もっと保湿効果は良くなりますよ。

 

植物で言うと水分はあげているけれど、適度に栄養を与えると土が良くなり根がしっかりしますよね。

 

美容液はそれと同じ感じで、肌に栄養を運び角質層を元気にさせる効果があります。

 

肌が角質層からきちんと保湿されると、ハリが出てたるみの解消、毛穴がキレイにニキビの減少、透明感や美肌効果など、保湿効果がもたらすメリットは沢山あります。

 

まずは顔の保湿に悩んだら化粧水の成分や、化粧水自体を変えてみましょう。意外に簡単に悩みが解消し肌が変わるかも知れません。