肌の保湿の仕方で効果が変わる!おすすめの化粧水やクリームは?

肌の保湿の仕方でも保湿効果は変わりますが、使う化粧水やクリームでも保湿効果が違って来ます。効果的な肌の保湿の仕方と角質層まで浸透する化粧水、クリームで肌の保湿力をUPしいつまでも若々しい肌を作ってみませんか?

洗顔方法朝おすすめの正しい洗い方ニキビがある時のスキンケアは?

顔の洗顔は朝と夜2回が必要ですが、夜と朝の洗顔は同じ方法で良いのでしょうか?答えはNO。

 

朝は洗顔料を使う箇所と使わない箇所を使い別けする事が、正しい洗い方や保湿効果UPのスキンケアに繋がります。


またニキビがある時の朝の洗顔方法も一緒にお届けしますね。

Sponsored Link  

洗顔方法朝おすすめの正しい洗い方

f:id:keisan21:20170305223607p:plain

夜の洗顔は、お風呂に入り出る間際にメイクしているならクレンジングをしてから泡洗顔するんでしたね。

 

朝はメイクをしていない分、洗顔料で洗うタイプとぬるま湯でしか洗わないタイプに別れるのですが、あなたはどちらのタイプですか?

正しい朝の洗顔方法は、この2つのタイプを部分別けして使う洗い方がおすすめです。

 

朝は夜の間にコップ1杯の汗をかいていると言われているため、肌の表面は汗が肌の皮脂と混ざり合い、皮脂膜となり肌を保護してくれる反面、汗などで汚れた皮脂膜は肌のバリア機能や保水力を低下させ、毛穴の開きを促進、キメが乱れるなどデメリットもあります。

 

しかし皮脂膜を取りすぎると乾燥の原因になる為、朝の洗顔はこの汚れた皮脂膜が沢山出ているTゾーン等の部分だけは泡洗顔で軽く落とし、他の部分はぬるま湯で洗うと言う洗顔方法が朝は1番おすすめなのです。

 

そうする事で、皮脂膜を必要以上に取る事もなく、寝ている間にしっかり保湿された肌の保湿も残せるので、肌の乾燥を防げます。

 

また乾燥肌の人は皮脂膜が余り無い為に、乾燥が起こっているので朝の洗顔はぬるま湯だけがおすすめ。

 

オイリー肌の人は、全体にベタつく感じがするなら、軽く全体を泡洗顔する事をおすすめします。

 

朝起きた時の自分の肌状態に合わせて、泡洗顔する場所としない場所を決めると言う洗顔方法が朝はおすすめなのです。

 

お腹が空いていない時に、無理に食べると気分が悪いですし太りますよね。それと同じで朝の肌も皮脂膜が出てベタついていないなら、無理に洗顔料を使うと乾燥を起こすだけになってしまうので逆効果です。

 

これが朝の洗顔方法で1番おすすめの考え方になります☆もちろん洗顔が終わったら優しくタオルを当てて水分だけを吸収する感じで拭き取り、タオルでゴシゴシ拭きはやめてくださいね。

 

折角ちゃんと考えて皮脂膜を残したのに、タオルで拭き取ってしまうと元も子もありません。そして3分以内に化粧水で保湿してね☆

 

ではニキビがある時の朝の洗顔方法はどう言う考えで行ったらいいのかと言うと

Sponsored Link  

洗顔方法朝おすすめの正しい洗い方ニキビがある時のスキンケアは?

顔にニキビがある時で、大人ニキビの場合は乾燥が原因で起こっています。しかしニキビがある状態は、余計な皮脂が出ている状態なので、ニキビがある場合の朝の洗顔方法は、ニキビがある場所も泡洗顔で優しく洗う事をおすすめします。

 

ただニキビがあるからと、しっかり泡洗顔してしまうと逆に必要な皮脂膜も取れてしまい、「あ、皮脂膜がない!皮脂膜を出せ!!」とまた過剰に肌から皮脂が分泌され、ニキビの原因を作ってしまうので、あくまでも優しく泡洗顔で汚れを落とすだけと言う考え方です。

 

ニキビが無い部分は、上記の洗顔方法の考え方と同じ洗い別けです。ニキビがある時はどうしても何度も洗ってしまいますが、大人ニキビの場合はそれが逆効果になるので、気をつけてくださいね。

 

因みに大人ニキビと逆の思春期ニキビは、ホルモンの影響で必要以上に皮脂が分泌された状態なので、逆にこまめに洗顔する事をおすすめします。

 

と言ってもやり過ぎはやはりダメなので、ニキビが出来ているゾーンだけ1日3,4回洗顔するなどにしてください。

 

そして思春期ニキビに使う化粧水は、ニキビ用の化粧水がおすすめです。思春期ニキビの化粧水は、余計な皮脂の分泌を押させ、ニキビ周りを乾燥させて、出過ぎる皮脂とのバランスが取れる様な成分が入っていますので、思春期ニキビの場合はこのタイプの化粧水を使いましょう。

 

間違っても大人ニキビの人は、ニキビ用の化粧水は使わないでくださいね。乾燥が原因でニキビが出来ているのに、乾燥させる化粧水を使うと逆にニキビが増えてしまいますよ☆ちゃんと保湿する化粧水を使ってね。

 

今回は朝の洗顔方法でおすすめな洗い方をお届けしました。何でも洗うと言う考えではなく、必要なものは残し不要なものだけを洗うと言うスタンスで洗顔してください。

 

またニキビが出来ている原因をしっかり知り、大人ニキビはニキビが出来ていても保湿が大事と言う事は、忘れないでくださいね。